家族のこと、仕事のこと、愛車 Stream & Passo のことなどを気ままに綴ります。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雪の関東へ、いざ出発!
2005年03月04日 (金) | 編集 |
昨日も朝一便。
今日の帰りも朝一便。
2日連続の早起きは結構キツイもんがありますなあ。

朝起きて取りあえずTVのニュースを見る。
雪国と化した関東各地の映像が。。。
「関東大雪!」
「交通機関に影響!」

の文字にビビったところへ、嫁の写メールがトドメをさす。
お約束のすんげえ雪!
(残念ながら画像が転送できませんでした)

取りあえず鹿児島空港へ。

搭乗手続きの際、チケットレス端末には
「到着地積雪のため、鹿児島空港に引き返す場合があります」
の表示。
その下に、
「了承しますか?」
しなかったら乗れないんだから、【はい】の方を押すしかないでしょう(^_^;)

ビビリつつも、お約束の搭乗便撮影は忘れません。
kagoshima-1.jpg


取りあえず飛行機は離陸し、おいらはよだれを垂れながら爆睡。
気が付くと羽田付近の上空。
ここで機長のアナウンス。

「羽田空港は降雪の影響で混雑しており、管制塔からの指示で
当便の着陸まで30分程上空で待機となります。
お急ぎのところ恐れ入ります。」


とりあえずは着陸できるんだ、と思って安心して再び爆睡。。。

と思ったが、待機するための旋回高度が雪雲とドンピシャ
適度な揺れに睡眠が妨げられる。
というか、ジェットコースター嫌いのおいらにとっては結構キツイ

試練の時間も予定の30分よりかなり短くて済み、無事に着陸しました。

着いてみれば、羽田周辺は積もってませんでした。
夜中から朝にかけて降った雪も峠を越えて融けたようです。
念のため電車オンリーで帰社。
途中、積もっているところもありましたが、厚木あたりはやはり融けてました。
まあ、大したこと無かったようでよかった。

しかし、ウチに帰ってくるとまだ積もってました。
やっぱわずかな標高差で違うのね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。